借地権は土地購入より安い

土地を借りる権利のことを指す「借地権」。
借地権付き物件といわれると、建物まで含めて「借りる」と思う人は少なくありません。
しかしながら、これは実は間違いで、借りるのは土地のみです。

建物はどうなっているのかといいますと、自己所有になります。
自分の家なので、自由にリフォームなどを行なうことが可能です。
最大の魅力は所有権付き物件と比較して安上がりになること。
仮に所有権付き物件と借地権付き物件が一緒の金額の場合、後者のほうが広い物件や利便性の高い立地の物件を入手しやすくなることが多いです。

なお、借地権にはまず「旧借地権」があります。
これは契約の存続期間満了となっても土地の所有者側に正当事由がなければ借地権の更新が行なわれるのが特徴です。
このほか、平成4年に施行された借地借家法で新たに登場した「普通借地権」があります。
この権利にも更新があり、土地の所有者に正当事由がなく、借りている側が希望すれば自動的に契約の更新が行なわれます。
なお、普通借地権は多くの場合「賃借権」が設定されており、第三者への売却や貸し出し、建物の建て替えをするには土地の所有者の承諾を受けなければいけません。

この2種類の権利以外には「定期借地権」があります。
この権利も借地借家法で新しくできたもので、契約の更新はなく、存続期間満了時には原則として、土地を更地の状態にして地主に返さなければいけません。
なお、第三者への売却、貸し出しを行なうことは可能ですが、賃借権だと売却時に土地の所有者の承諾を受ける必要があります。
また、土地の所有者に事前に通知を行なえば、建て替えを行なうことが可能です。



<注目サイト>
借地権の売買について相談が可能な専門店です >>> 売買 借地権